福岡大学サッカー部

公式HP

日記 第12回 4年 村上宗太郎

3726 views

こんにちは。
福岡大学サッカー部4年の村上宗太郎です。
何を書こうか迷いましたが今思っていることを素直に書きたいと思います。もし良ければ最後まで読んでください。よろしくお願いします。

早くも四年が経とうとしています。サッカーをしている皆さんはサッカーを楽しめていますか?私は、常に楽しんでサッカーをすることを心がけています。そして、実際に楽しめています。なぜなら、自分が楽しまないと観に来てくれている人達を楽しませることができないと思っているからです。何のために、誰のためにサッカーをしているのか、人それぞれ色んな思いを持って日々の練習や試合に取り組んでいると思います。プロになるため、就職先を決めるため、上手くなるため、人として成長するため、私はサッカーというスポーツを通して、どんな人間になるかが大切なことだと思っています。
私は、プロサッカー選手を目指して福岡大学に入学しました。大学サッカーで感じたことが3つあります。1つ目は守備のことです。私は入学当初にトップチームの選手の守備をみて驚きました。私は、高校のとき全く守備が出来ず点を取ることだけを考えてやってきました。しかし、福岡大学に入って、攻撃の事だけでは試合に出られない、チームのために走れなければ必要にならないと本気で感じ、練習から守備の切り替えの速さであったり、ボールを奪うということを意識するようになりようやく守備ができるようになりました。これは高校の時には全くできていなかったことなので大学に入って大きく成長できたと感じています。2つ目は大学に呼ばれて行くか、自分で行くかということです。福大サッカー部には多くの選手が入ってくる中で、呼ばれて来た人と、自分で試験を受けて入って来た人とでは、スタートラインが違うということです。しかし、それは当たり前の事であって、それだけの実力があって大学側から選ばれて来ているので、呼ばれる選手になることがそもそも大事であるなと感じました。では、自分で来た選手にはチャンスはないのか?それは違っていて、呼ばれてきた選手を追い抜くために沢山練習し、結果を出せばチャンスは必ず来るということを僕自身経験できました。そのチャンスを物にするかは自分次第ということです。3つ目は、プロスポーツ選手になる人というのは勝手になって行くということです。プロサッカー選手になった高校の時のチームメイトも、サッカー部の先輩でも共通していると思うのが、自分で考えて行動でき、プロになるための努力を惜しまない。そして、その意識が誰よりも高い人達であるということです。これはスポーツ選手に限らず、社会に出ても必要なことだと思っています。このような人たちはどこに行っても勝手に成長、成功して行くんだなということを大学生活で学びました。
私は現在、サッカーをしながら就職活動もやっています。練習も毎日行けて、就職活動もちゃんとできており、毎日充実しています。私自身、サッカーも就職活動も両方頑張りたいと思っています。私は就職活動を通して、今まで知ることのなかった、また、知ろうともしなかった社会の事を少しは勉強することができました。そのおかげで自分の知識にもなりましたし、人としても成長することができたと思っています。このサッカー以外で学んだことを次はサッカーで活かしていきたいと思っています。まだまだ上手くなれると思っていますし、誰よりも点の取れるFWを目指して行きたいです。そして、トップチームの試合で点をとって勝利に貢献することが今の私の目標、モチベーションになっています。

福岡大学サッカー部そして、村上宗太郎の応援をよろしくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets

選手情報

More